読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生存戦略しましょーか

きっと何者にもなれない自分のために、生存戦略しませんか?

情報処理技術者試験の、適切な勉強開始のタイミングは?

気がつけば8月も下旬。あっという間ですね。何か夏らしいことしたかな、、、と思い返したところ、富士山に登山したくらいですね。。。

さて、先日試験申し込み期限を迎えた秋の情報処理技術者試験も、少しずつ試験日が近づいてきましたね。
2016年度の秋期試験は10月16日(日)です。

f:id:mtominaga:20160828185537j:plain



ちなみに、秋の試験科目は以下。
科目名の後ろに付加している「*」は、2016年8月時点で私が合格済みの試験。
基本情報技術者(*)
応用情報技術者(*)
ITストラテジスト(*)
システムアーキテクト(*)
ネットワークスペシャリスト
情報セキュリティスペシャリスト(*)
・ITサービスマネージャ
残り2科目。私は今年は「ITサービスマネージャ」を受験予定です。

さて、試験合格に向けて、いつから勉強を開始したら良いのでしょう。早過ぎると気力と集中力が持続しないし、遅すぎると勉強が間に合いません。

社会人で平日はあまり勉強時間が確保できず、IT業界で働いており基礎知識が養われている人、という前提ですが、私の考えを書きたいと思います。
・レベル2試験(基本情報技術者)は、9月4週目の週末から勉強を開始
・レベル3試験(応用情報技術者)は、9月3週目の週末から勉強を開始
・レベル4のスペシャリスト系の試験(ネットワークスペシャリスト情報セキュリティスペシャリスト)は、9月3週目の週末から勉強を開始
・レベル4の上記以外の試験(ITストラテジストシステムアーキテクト、ITサービスマネージャ)は、9月2週目の週末から勉強を開始(論文対策というよりも、試験対策に1週間余裕を持つ)

レベル2(基本情報技術者)を受験する場合は「繰り返し」が全て。10月に入ってからでも、平日に勉強時間が確保できるのであれば十分間に合います。
レベル3(応用情報技術者)は、文章の読解力も大切になります。そのためには「繰り返し」+(「理解すること」+「考えること」+「考えを整理すること」)に慣れるために、基本情報技術者よりも1週間早めに着手しましょう。レベル4の「スペシャリスト系」の試験も同じです。
レベル4のなかでも、「難しい」とされる「ITストラテジスト」などは、それなりに気合を入れる必要があります(且つ、気力が持続すること)。なので、さらにもう1週間だけ勉強開始タイミングを早めたほうが良いです。
なお、試験合格のための勉強の方法は、以下を参考になさって下さい。

hatena.seizon-senryaku.tokyo




それで、「これから勉強を開始しよう」ってときに、道具が揃っていないとダメですよね。勉強開始までに、過去問の印刷(午前1、午前2)、参考書の購入をしておきましょう。たとえばITストラテジストなら、9月2週目からの勉強開始に向けて、9月1週目には道具を揃えておきましょう。

ちなみに私の場合、午前試験(レベル4であれば午前1、午前2)は、過去問(5年分)をIPAのサイトから事前に印刷して、お風呂で湯船に浸かりながらリラックスして勉強してます。お風呂を勉強時間にすることで、週末の勉強を午後1、午後2に充てられるので、すごく効率よいですよ。

f:id:mtominaga:20160828191715p:plain



オススメの書籍は以下。

情報処理教科書 システムアーキテクト 2016年版

情報処理教科書 システムアーキテクト 2016年版

 
2016 徹底解説 システムアーキテクト 本試験問題 (本試験問題シリーズ)

2016 徹底解説 システムアーキテクト 本試験問題 (本試験問題シリーズ)

 
絶対わかるセスペ28春 2016年秋版

絶対わかるセスペ28春 2016年秋版

 
情報処理教科書 情報セキュリティスペシャリスト 2016年版

情報処理教科書 情報セキュリティスペシャリスト 2016年版

 
2016秋 徹底解説 情報セキュリティスペシャリスト 本試験問題 (本試験問題シリーズ)

2016秋 徹底解説 情報セキュリティスペシャリスト 本試験問題 (本試験問題シリーズ)

 
情報処理教科書 ITストラテジスト 2016年版

情報処理教科書 ITストラテジスト 2016年版

 
2016 徹底解説 ITストラテジスト 本試験問題 (本試験問題シリーズ)

2016 徹底解説 ITストラテジスト 本試験問題 (本試験問題シリーズ)

 

 

裁判所から手紙が届いた。

東京地方裁判所から手紙が届きました。
裁判員裁判かな?」と思いきや、全くの別物。「どういうこと??」という混乱は続きます。

f:id:mtominaga:20160823204641j:plain

中身を読んでみたところ、要旨としては以下でした。

・一部の裁判所にて、切手の管理が不適切だった。
・ごめんなさい。
・予納した当事者にたいして、相当額の金銭を支払い(返還)する。

f:id:mtominaga:20160823205338j:plain

あーそういえば、数年前に弁護士さんのお力添えをいただいたことあったな。。。

読んだ感じ、新手の詐欺ってことでもなさそうです(最初は疑いましたが)。
返還されるといっても、きっと数百円レベルとは思うのですが、これも経験。ちゃんと返してもらいましょう!ってことで手続き開始しました。
手続きは簡単。事前に同封されていた用紙にあれこれ記入して返信するだけ。

f:id:mtominaga:20160823205157j:plain


はたしてどうなることやら。





写真と動画の狭間!?「シネマグラフ」が味わい深くて素敵

シネマグラフってご存じですか?

「静止画」の写真の中に、ほんの一部だけ「動画」が隠れている写真です。静止画と動画の中間というのでしょうか。
ファイル形式はgifファイル。味わい深くて、見ていて飽きないんですよね。

f:id:mtominaga:20160823114448g:plain

f:id:mtominaga:20160823114529g:plain

f:id:mtominaga:20160823114545g:plain

f:id:mtominaga:20160823114606g:plain

f:id:mtominaga:20160823114628g:plain


シネマグラフの作成は、WindowsでもMACでも、もちろんスマホでもフリーソフトがありますので、簡単に作成することができます。

peacepopo.net

blog.goo.ne.jp

 

もちろん、フリーソフトではなく、PhotoShopなどでも作成可能です。

Photoshopを使ってシネマグラフを作る方法 | 株式会社LIG

jpegファイルをgifアニメになるように単純につなぎあわせても、ただのなんちゃって動画です。味わい深いシネマグラフにはならないんですよね。
あくまで、アニメーションしてほしいのは、写真の中のごく一部だけ。

 

●まずは良い写真から!
シネマグラフ素敵ですよね。私の場合は、まずは元となる写真から綺麗に撮影しなくちゃ。

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC HSM ペンタックス用 APS-C専用 928629

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC HSM ペンタックス用 APS-C専用 928629

 

 

 

腱鞘炎、マウス症候群、ばね指、、、右手がヤバイのでトラックボールに替えてみた。【LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t】

右手が痛い!!
システムエンジニアという職業柄、一日中ずーっと手を腕を使います。特に、右手はマウス操作で酷使。なおかつ、趣味でボクシングやってるんですが、手首を痛めやすいんですよね。

で、とうとう歩くだけ(腕を振るだけ)で右手が痛むほどの重症になってしまいました。接骨院に行ったところ、「腱鞘炎」「マウス症候群」「ばね指」と、あれこれ診断されてしまいました。

で、同じタイミングで、愛用マウス「M510」の調子が悪いので、次のマウスを物色していたところ、「トラックボール」という選択肢が!トラックボールは、マウスのように腕を動かさないので、「腕への負担が非常に少ない」らしい。。。

ということで、「トラックボール」に変えてみました。購入したのは、「LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t」です。

 

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

 

 

トラックボールの種類

調べたところ、トラックボールには3種類あることがわかりました。マウスのポインタ位置を操作するのに、「親指」を使うのか、もしくは「人差し指(中指)」を使うのか、もしくは「手のひら」を使うのか、という違いです。


■親指タイプ

 

■人差し指(中指)タイプ

 

■手のひらタイプ

それぞれ特徴はあるものの、最もメジャーなのが「親指」タイプで、私も「親指」タイプを選びました。というのも、他のタイプだと、以下のデメリットが私には大きかったからです。
・「人差し指(中指)」タイプ:ホイールスクロールを使うことができない(そのための指を使っているため)。
・「手のひら」タイプ:腕全体を動かすという意味で、上の負担軽減という意味では、マウスよりはマシかもしれないが、積極的に選択したくない。

 
●操作してみて2週間
うん、わるくないです!というか、良いです!手の(腕の)負担も相当減ったように思います。最初の1~2日はマウスポインタを動かすのに慣れなくて大変でしたが、すっかりお茶の子さいさいです。
トラックボールの機体そのものはマウスよりも大きいですが、マウスのように操作スペースを必要としないため、結果的に机の上がスッキリしました。
腱鞘炎の方、マウス症候群で腕や手が疲れている方、ばね指の方など。とにかく、パソコンにより手を酷使しすぎているな、と感じる方は、一度試したほうが良いです。かなりオススメですよ。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t